カードローンとキャッシングの違い│返済プランに合ったサービス

ウーマン

審査にも影響する

クレジットカード

キャッシングとカードローンを同じ意味に捉えている人は、少なくはありません。これらの違いは返済に大きく影響してきます。そのため、カードローンとキャッシングの違いを明確にしておく必要があるのです。双方の大きな違いは返済方法にあります。キャッシングは一括払いのみに対応しており、小額融資の際に利用されるサービスです。キャッシングは支払い期間が短いため、金利が低いメリットがあります。1万円単位からの融資も可能なので、様々なシーンで活用することができるでしょう。カードローンは分割払いによる返済方法を行なっています。高額融資になると100万円を超える融資にも対応しています。分割払いができるので月々の返済コストは安くなりますが、金利が発生するため包括的には返済額が高くなってしまいます。また、審査もカードローンの方が難しい傾向にあるので、すべての人が手軽に利用できるサービスとは言えないでしょう。審査が難しい傾向から、複数社の審査を同時に申し込む人もいます。しかし、申し込んだ実績は個人信用情報としてリアルタイムで反映されてしまうので、審査に大きく影響してしまうのです。ですから、カードローンを利用する際は、消費者金融会社を1社に絞っておいた方が良いでしょう。インターネットでは、各消費者金融会社の口コミ情報が掲載されています。審査に関する記述も多いので、利用する際の参考材料にすると良いでしょう。カードローンの利用は冷静に行なうことが求められます。

高額の借入が可能

カード

高額の借入を検討している人は、不動産担保ローンを利用すると良いでしょう。担保価値が高い不動産は、他の借入サービスよりもメリットに優れています。ここでは、不動産担保ローンの特徴を紹介していきます。

豊富な返済方法

カード

キャッシングには様々な返済方法があります。自分にとって利便性が高い返済方法を選択することで、とても便利にキャッシングが利用できるでしょう。インターネットやコンビニから支払うことも可能です。

スピーディーに借入する

婦人

急に現金が必要になった人は、即日キャッシングを利用すると良いでしょう。受付時間までに手続きを済ませておくことで、即日融資が可能になります。急な出費にも臨機応変に対応できるのです。